積極的な顧客獲得が肝【IT業界を支えるフリーエンジニアになろう】

最近では一般企業でも募集

仕事

重宝される資格

税理士は会計業界の中で重宝される資格です。公認会計士の資格を持っていると税理士業務も行えるため公認会計士の一つ下の資格という位置づけがかつての考え方でしたが、今は公認会計士の役割と税理士の役割が明確になり、公認会計士の業務を行いながら税理士の業務を行うことは難しいため、それぞれ独立した価値を持っているとも言えます。税理士の求人は需要の多さから増加しつつあります。おもに会計事務所に勤めることが一般的ですが、一般企業の中にも財務部門を持つ会社も多く、自社内に税理士をおいて会計監査などを行うために求人を行っているケースも少なくありません。そのため一般企業の求人で転職する資格保有者も多くなっています。

求められる人物像

求人は業界こそ様々ですが、年代で求められる人物像はほぼ同じです。未経験が多い20代は、今後の将来性に期待されています。資格を持っていなくてもいくつかの科目合格があれば将来性を見込んで採用になるケースも少なくありません。30代になると有資格者であることが重視されつつあります。そして少なからず実務経験や一般企業での経理や財務部門での経験もあると有利になります。科目試験合格者でも今までの経歴や今後のポテンシャル次第では合格する可能性もあります。40代になると有資格者であるとともに実務経験が要求されます。一般企業内での資格を活かした経験もこの数に含まれます。また部下のマネジメントなどの人物像や、スペシャリスト性も求められるのです。