積極的な顧客獲得が肝【IT業界を支えるフリーエンジニアになろう】

業界は生き残りの激化

白いトラック

入れ替わりの激しい世界

運送業界は規制緩和による運送会社の増加や運送料の価格競争などを受けて仕事のパイは全体で増加していますが、利益が出にくい業界となっています。長時間労働や荷卸しの苦労など実際にトラックドライバーを経験しないとわからない部分も多くあります。トラックドライバーの求人は常に出ています。トラックドライバーをやめる人が多いからです。理由は体調を崩したり長時間労働など会社側の問題もあります。しかし徐々に経験を積むことでプロドライバーを目指せる業界でもあります。入社から一社のみで済ませる人はほとんどいません。求人広告で募集したり他の会社からの引き抜きなどを経験して成長していく業界なのです。ドライバーの最初は小さなトラックからです。

ステップアップも可能

徐々に大きなトラックに乗れるように成長していきます。しかしその会社の取り扱っている車種を超える運転はできません。トレーラーやキャリアカー、タンクローリーなどはトラックドライバーが目指すところの一つでもあります。求人に掲載があっても未経験では採用されない車種なのです。ある程度運送会社で経験を積んで転職する際に求人で初めて採用されます。もちろんけん引免許や危険物取扱免許などを持っている必要がありますし、安全面については誰より高い意識が必要です。何より大型の荷物は高価であるとともに事故の被害が甚大でないからです。少しでも安全面や信用を落とすと会社全体の評価につながり次の仕事が入りにくくなる世界でもあるのです。